外貨両替 大黒屋

外貨両替の手数料って高いんだよ

 

この物語は、海外旅行好きのマリとエリが海外旅行にいく際の外貨両替について対話形式に綴っています。外貨両替がどうすれば安くなるか物語を読んでください。

 

この物語に登場する人物

マリ

大黒屋外貨両替
奈良県の商社に勤務、しっかりもの、世話好き

エリ

大黒屋外貨両替
マリと同じ商社に勤める後輩、わがままで甘えん坊

 

マリとエリは同じ会社の先輩後輩違うタイプであるが気があい、長期休暇にはよく海外旅行に行っている。マリは仕事上では厳しいがプライベートでは面倒見がいい。ともに奈良県在住。

 

 

エリ:
前に行ったスイスは楽しかったね。


 

マリ:
そうだね、こんどはハワイだね。


 

エリ:
とっても楽しみ。
でもスイスではお金をたくさん使ったんであんまり残らなかったね。


 

マリ:
そうだね、たくさん使ったというのもあるけど両替で手数料が高いというものあるよ。
円から外貨、外貨から円というように実際のお金を変える中ではよくわかんないんだけど。

 

机上で手数料を計算するとよくわかるよ。
残りのお金が少ないのは使いすぎということだけどね。


 

エリ:
外貨への両替って手数料が掛かるの。
知らなかった。
だって銀行で1万円を1000円札にするのってただじゃないですか?


 

マリ:
ただじゃないよう。
ただどころか激高。
著名な銀行で外貨両替を行うこんなに高い。


大黒屋やと各銀行の手数料

    円→外貨 外貨→円
ドル UFJ銀行 127.26 121.46 5.8
  みずほ銀行 127.47 123.29 4.18
  トラべレックス 127.50 121.33 6.17
ユーロ UFJ銀行 144.60 136.60 8
  みずほ銀行 146.65 138.96 7.69
  トラべレックス 144.90 136.47 8.43
オーストラリアドル UFJ銀行 105.32 85.92 19.4
  みずほ銀行 105.13 92.92 12.21
  トラべレックス 106.72 86.11 20.61

平成27年6月吉日

 

 

 

エリ:
オーストラリアなんて外貨に両替して円に戻しただけで20%近くも減っている。
ぼったくりだ。
高いどころではない。
他に両替できるところはないの?
そうだ、よく聞く大黒屋ってどうなの?


 

マリ:
ちょっと調べてみるわ


外貨両替なら有名な大黒屋

 

大黒屋外貨両替
大黒屋・店舗

 

 

マリ:
大黒屋のこといろいろ調べてみた。
まず、両替できる通貨だけど以下の通り

  • USドル
  • ユーロ
  • カナダドル
  • イギリスポンド
  • 人民元
  • オーストラリアドル
  • 韓国ウォン
  • 台湾ドル
  • 香港
  • シンガポールドル
  • タイバーツ

 

大黒屋の手数料

通貨 円→外貨 外貨→円
ドル 126.47 122.47 4
ユーロ 144.61 136.61 8
オーストラリアドル 105.12 86.12 19

平成27年6月吉日

 

 

 

エリ:
ドルもあるし大丈夫だね。


 

マリ:
店舗だけど
主には首都圏に集中している

関東

  • 東京23区内(23店舗) 
  • 東京都(2店舗)
  • 神奈川(4店舗)
  • 埼玉(3店舗)

東海

  •  名古屋(1店舗)

関西

  •  大阪(3店舗)

九州

  •  福岡(4店舗)

 

エリ:
奈良には店舗はないんで大阪に行かないといけないね。
めんどくさいなあ。


 

 

マリ:
ネットでの取引もあるけど初めてで大金を振り込むのも不安
なんで店舗に行ってもいいかなあと思う。


 

 

エリ:
交通費と時間も掛かるしねえ。


 

 

大黒屋でもまだ外貨両替の手数料が高い

 

 

エリ:
それで大黒屋で両替すると銀行と比較してどれぐらい安くなるの?
わざわざ電車を使って行く価値はあるの?


 

 

マリ:
銀行と比較するとこれだけだよ。


 

大黒屋やと各銀行の手数料

    円→外貨 外貨→円
ドル 大黒屋 126.47 122.47 4
  UFJ銀行 127.26 121.46 5.8
  みずほ銀行 127.47 123.29 4.18
  トラべレックス 127.50 121.33 6.17
ユーロ 大黒屋 144.61 136.61 8
  UFJ銀行 144.60 136.60 8
  みずほ銀行 146.65 138.96 7.69
  トラべレックス 144.90 136.47 8.43
オーストラリアドル 大黒屋 105.12 86.12 19
  UFJ銀行 105.32 85.92 19.4
  みずほ銀行 105.13 92.92 12.21
  トラべレックス 106.72 86.11 20.61

 

 

エリ:
確かに銀行と比べると安くなっているけど劇的に安くなっているわけではないわ。
オーストラリアドルなんかみずほのほうが安い。
大黒屋で両替するメリットはわかったけどデメリットはないの?


 

 

マリ:
ないと考えてよい。
ただし、一般的にはチケットショップでの両替は偽札の可能性があると言われている。


 

エリ:
デメリットはないなんていうけど偽札なんてめちゃめちゃデメリットじゃん。


 

マリ:
海外で偽札を使ったら逮捕されるよ。


 

エリ:
たいほ??


 

 

マリ:
偽札は重罪なんできっと死刑になるよ。
「エリ、ハワイで逮捕、帰国できず」
会社には退職届は出しといてあげるよ。


 

 

エリ:
ガーン。
し・しけい。
やだやだ、ちょっとの手数料を安くするのに死刑になりたくはない。


 

マリ:
冗談だってば。
名もない小さなチケットショップならともかく大黒屋ではありえないよ。


 

エリ:
デメリットを聞くとなんだか大黒屋はいやだなあ。
でももう少し安く両替したい。


FX業者なら大黒屋より手数料が安い

 

 

マリ:
外貨両替をするところというと銀行とか郵便局で行うのが普通なんだけどやっぱり手数料は高いのよね。
でも調べてみるとFX業者で両替ができてしかも手数料が安いということがわかった。


 

 

エリ:
エフエックス・・・・??
名前ぐらいは聞いたことがあるけどよくわかんない。
主婦が大儲けしたとか脱税したとかあれですよね。


 

 

マリ:
そう、そのFXだよ。
でも実際にFXをするわけではないんだ。
FXを行っている業者のサービスの1つとして外貨両替があるんだ。
同じ外貨を扱うので派生したサービスということだね。
FX業者の中でも外貨両替のサービスを行っている業者は限られているんだ。


 

 

エリ:
なんかよくわかんないけど。
それで肝心の両替手数料はどれぐらいなの?


 

 

マリ:
大黒屋と比較してもかなり安いんだ。


マネーパートナーズの両替コスト
大黒屋外貨両替

 

 

 

エリ:
すごい。
これだけ両替手数料が安くなるんだったら浮いたお金でおいしいものが食べられそう。


 

 

マリ:
FX業者っていってもどの業者がいいのかわからないんで調べてきたんだ。
マネーパートナーズ


 

 

エリ:
マネーパートナーズ・・・・・
聞いたこともない業者・・。
FX業者というとよくテレビでコマーシャルをやっているDMM.COMだったら知っているけどDMM.COMで外貨両替はできないの?


 

 

マリ:
DMM.COM
レンタルビデオなんかを中心にやっている会社だね。
知名度は高いよね。やっぱりテレビの影響は大きい。
FXの会社としてはDMM FX。
残念ながらDMM FXでは外貨両替はできないんだ。


 

 

エリ:
なんで〜。
マネーパートナーズなんて聞いたこともない会社で両替をするのはいやだな。
まさか、両替のお金を持ち逃げしたり突然倒産したりしないよね。


 

 

マリ:
大丈夫だよ。
マネーパートナーズは、一般的な知名度はないけど優良企業だよ。
信託保全という決まりがあって自分の会社のお金とお客のお金は別に管理しなければならないんだ。
お客のお金は、別の信託銀行が管理しているよ。


 

 

エリ:
信託保全って難しいね。
どんなふうに優良企業なの?


 

 

マリ:
マネーパートナーズは、東証1部に上場している企業です。
企業情報を書いておくと
<企業情報>


 

 

エリ:
資本金がいくらと言われてもよくわかんないけど東証1部上場なら安心か。


 

 

マリ:
よくわからない吹けば飛ぶような会社ではないということだよ。


 

 

エリ:
FX業者で外貨両替できるところってマネーパートナーズしかないの?


 

 

マリ:
調べてみると他のFX業者でも外貨両替をやっている業者はあった。
ひまわり証券、マネックスFX。
どちらもマネーパートナーズよりは知名度はあるかもしれないね。


 

 

エリ:
ひまわり証券・マネックスFXもあんまりよくわかんないけどこれらの
業者じゃーだめなの?


 

 

マリ:
マネーパートナーズのほうが断然いい。


 

 

エリ:
なんでー。


 

 

マリ:
会社としての力の入れ方が違う。
ひまわり証券・マネックスFXは、FXをやるついでにやっているという感じ。だから対応も使いがってもよくない。

 

その点、マネーパートナーズを上げて外貨両替をやっているんでサービスが全然違う。


 

 

エリ:
ふ〜ん。


 

>>マネーパートナーズの口座開設はこちら<<

FXってなんか不安でめんどくさそう

 

 

エリ:
安いのはわかったけどFXで両替なんて私にできるか不安。
銀行だったら窓口にいくだけ銀行の人がやってくれるのに。
そんなに得だったらなんでみんなやらないのかな。


 

 

マリ:
FXで両替はやってみると難しくはないんだけどね。
エリのようにやる前から尻込みをしている人も多いかもしれないね。
ちょっとめんどくさいことをやった分手数料が安くなるという考えでいいと思うよ。
普通の人があんまりやらないのは、頻度の問題が大きいと思うよ。


 

 

エリ:
頻度って?


 

 

マリ:
海外に行く頻度のことだよ。
私たちみたいに海外旅行が好きでよくいったり仕事で海外によくいったりする場合はFX業者を使って外貨両替したほうが圧倒的に得だと思うよ。

 

でも新婚旅行で海外に行くけど次はいついくかわからない場合だったり1回だけ海外にいくという場合はわざわざめんどくさいことをしてFX業者で両替をするよりも手数料を多く払っても銀行や空港で両替をするほうが圧倒的に便利だし。


 

 

エリ:
な〜るほど。
でもFXで大損したりしない?
海外旅行に行く前に旅行のお金が全部なくなったりしない?


 

 

マリ:
前にも言ったけど大丈夫。
実際にFXをするわけではないんで。


 

 

マリ:
マネーパートナーズで両替できる通貨は以下の通り。
すべての通貨が両替できるわけではないということに気をつけよう。


 

>>マネーパートナーズの口座開設はこちら<<

FX業者の口座開設・両替は簡単

 

 

マリ:
まずはマネーパートナーズの口座を開設しないといけないんだ。


 

 

エリ:
なんか難しそう。


 

 

マリ:
難しくはないよ。手順に沿ってやっていくだけでいい。
FX業者に口座開設するなんて複雑なのではと思うかもしれないけど、実はそんなに難しいものではないんだ。


 

 

マリ:
では、はじめてみよう。
「口座開設」をクリックすると
ガイド・規定類の同意を入力する画面が表示される


外貨両替を大黒屋で行ってはいけません。その理由とは?

 

 

 

マリ:
すべて「はい」をクリックすることで次の画面にいく
次に氏名・住所等を入力する


 

外貨両替を大黒屋で行ってはいけません。その理由とは?

 

 

 

マリ:
次に職業・金融資産・目的等を入力します


 

外貨両替を大黒屋で行ってはいけません。その理由とは?

 

 

 

マリ:
取引提携の主目的には「手数料を抑えた資金効率のより外貨の取引を行うため」を選択すればいいでしょう。

 

ここまで早ければ5分ほどで完了する。
後は、本人確認書を提出すればOK。

 

もちろん、口座開設・維持管理手数料は無料


 

>>マネーパートナーズの口座開設をする<<

外貨の受け取りは、成田・羽田・関空・セントレアで可能

 

 

マリ:
外貨の受け取りは、成田・羽田・関空・セントレアでも可能となる。
受け取り時間は、以下の通り。
あと、受け取りまでに必要な日数について書いてみた。


 

成田空港

京成たびる〜む  
 第1ターミナル店
 第2ターミナル店

 

受け取り可能な時間 9:00〜18:00

 

関西国際空港

トラベックス関西空港駅店

 

受け取り可能時間 5:45〜23:30

 

中部国際空港

トラベックスセンレアアクセスプラザ店

 

受け取り可能時間 7:00〜22:30

 

羽田空港

トラベックス羽田空港国際ターミナル店

 

受け取り可能時間 6:00〜23:00

 

受け取りに必要な日数

本サービスの締め日は毎週木曜日の13:00、受取可能日は締め日翌週の金曜日からとなるため、ご依頼からお受取まで最短8日必要となります。

 

外貨両替を大黒屋で行ってはいけません。その理由とは?

 

>>受け取り日は余裕をもって、マネーパートナーズで両替する<<

楽しかった旅行から帰宅、FXを使った外貨両替で得したけど・・・

 

無事にマリとエリはハワイ旅行から帰国しました。

 

大黒屋外貨両替   大黒屋外貨両替

 

 

エリ:
先輩、旅行楽しかったね。
FXを使って両替したおかげでおいしいものが食べられた。


 

大黒屋外貨両替大黒屋外貨両替

 

 

マリ:
そうだね、また行こうね。
FXを使った両替は難しくなかったでしょう。


 

 

エリ:
最初は不安だったけど思ったよりも簡単だった。
わからない時は、サポートもあったしよかった。
いろいろ調べてくれてありがとう。


 

 

マリ:
いえいえ、どういたしまして。
得になるならこれぐらいはお安いものです。


 

 

エリ:
でも先輩、旅行ではあんまり現金で支払っていないような気がするけど。
気のせいかな?


 

 

マリ:
気のせいではないよ。
実は、これを使っていたんだ。


 

 

エリ:
カード???


 

 

マリ:
そうカード。


 

 

エリ:
でもクレジットカードって便利だけど日本と違って盗難にあったりするんで危険なのでは。


 

 

マリ:
ふふふ、そのためにこういうものがあるのだよ。
海外用プリペードカード。


 

 

エリ:
がびーん。
教えてくれないなんてひどい。
海外プリペードカードって何がいいの?


 

 

マリ:
意地悪をしたわけではないんだけどね。
なんでも人に頼るのはよくないよ。
次の旅行までに時間があるんで一度自分で調べてみたら。

 

なんでも現金がいいというのは思い込みでクレジットカードも危険はないかもしれないし、海外用のプリペイドなんかもあったりでいいものがあるかもしれないよ。
そうそうトラベラーズチェックっていうのもあったよね。


 

 

エリ:
すっかり仕事モードになっている・・・・・
鬼だ・・・・
(それは仕事中と同じ厳しいのマリの姿であった)
カードのこと教えてくれない?


 

 

マリ:
だめ。
甘えない。
今やネットで何でも調べられる時代。
頑張りなさい。


 

 

エリ:
はい。


海外旅行でのカードの使い方

 

マリに教えてもらえずしぶしぶカードのことを調べたエリであった。

 

 

エリ:
カードのこといろいろ調べてみた。


 

 

マリ:
調べれば簡単でしょう。


 

 

エリ:
いや、そんなことはないですよ。
結構たいへんだったでも何とかできた。


 

 

エリ:
まずはクレジットカードのことから
今や海外旅行では必須のアイテムとなってます。
いろんなシーンで提示を求められクレジットカードないとサービスの利用を断られることがある。

 

クレジットカードを使える店も増えていていろんな店で使える。
海外で安心のブランドは、VISAかMasterCardとなります。
多くの店が加盟しており使える店が多くなります。

 

日本だとJBCが強いイメージですが、加盟店が少なく使い勝手がいいのがVISAかMasterCardとなります。

 

海外旅行保険が付帯したカードを選ぶといいでしょう。
クレジットカードを持つリスクは、スキミングにあう・盗難にあうまたついつい使いすぎてしまうということです。

 

スキミングを避けるには、怪しい店でカードを使わないことです。
盗難の対策としては2枚カードを持っていくとかです。


 

 

マリ:
随分クレジットカードに詳しくなったね。


 

 

エリ:
カードマスターと読んでね(調子に乗っている)
私のお勧めのクレジットカードはこれよ。
三井住友トラストカード
お勧めする理由はこれ

  • 海外では強いVSAカード
  • 海外旅行傷害保険が2000万円
  • 溜まったポイントは他のポイントに移行可能

>>三井住友トラストカードの詳細はこちら<<


 

 

エリ:
これは2枚目用なんだけどいいカードがある
ANA JCBカード
何がいいかというとANAのカードなんでマイレージが効率的に溜まるJCBは使えないといっても結構使えるし。

 

>>ANA JCBカードの詳細はこちら<<


 

 

エリ:
次に海外専用のプリペードカード
全然知らなかったんだけど調べてみると最近はこれが意味当たり前になっている。
海外プリペイドカードの良さはクレジットカードと比べるとよくわかる
クレジットカードの場合、不安な部分がある。

  • 盗難などのセキュリティー面に不安
  • 使いすぎてしまう可能性
  • 店舗によって使用することができず現金が必要となるケースが出てくる

 

この問題点をクリアしたのが、海外専用のプリペイドカード。

  • 必要分だけ日本で入金するので使いすぎる心配はない
  • もし、紛失してすぐに利用を停止できる
  • ATMでいつでも現金を引き出せる

 

 

マリ:
そうそう
海外専用プリペイドカードでお勧めなのが、マネパーカードなのだ。
海外専用プリペイドカードを使う場合は、いろんな手数料が掛かるけどその手数料が圧倒的に安いのがマネパーカード。

 

>>マネパーカードの詳細<<


 

 

エリ:
それでこっそりマネパカードを持っていったのね。??


 

 

マリ:
何か言った?


 

 

エリ:
言え独り言です。


 

 

 

エリ:
最後にトラベラーズチェック
昔は海外旅行というとトラベラーズチェックが一般的でしたけど最近は銀行などが販売を終了して使い残した分を買い取っているぐらいらしい。


 

 

マリ:
やればできるじゃないの


 

 

エリ:
おかげで現金がすべてではないということがわかりました。


 

 

マリ:
そう現金がすべてではない。
それぞれいいところ悪いところあるんだよ。
海外の経験が少ないとどうしても現金を持つ割合が多くなるけどね。
それぞれいいところ悪いところがあるんで使い分けが大事だよ。


 

 

エリ:
ありごとうございました。
勉強になりました。


 

 

マリ:
そうだ、仕事もその調子で頑張れ。


 

 

エリ:
・・・・・・・・・


 

 

おしまい